頭書に冠したハッキリした病名にもかかわらず、病気の原因は不明で、様々な治療が行なわれていますが、現実には治らずに長期間悩まれている方がほとんどです。
病名はともかく、原因は排尿障害にあり、長期間の排尿障害が膀胱に負担をかけ、膀胱三角部を過敏にし、これらの症状となって表れているのだと私は信じています。

頻尿と痛みがある場合を「間質性膀胱炎」、頻尿と尿失禁が伴う場合を「過活動膀胱」、年に何回も膀胱炎症状が出現し、白血球や細菌が認められる場合を「慢性膀胱炎」、頻尿があるが検査しても異常がない場合を「心因性頻尿」などなどです。
しかし、過去にこのような病名で診断された患者さんの多くに、患者さん本人が自覚するしないにかかわらず、必ず「排尿障害」を認めます。これを「隠れ排尿障害」と私は呼んでいます。
この「隠れ排尿障害」を発見し治療することで、間質性膀胱炎・過活動膀胱・慢性膀胱炎・心因性頻尿の症状はかなりの確率で軽快します。

ここで、高橋クリニックで治療を受けた60歳の患者さんからのレポートを実例としてご紹介しましょう。


「間質性膀胱炎」と診断されたご婦人

高橋クリニック 御中
回復の御礼とこれまでの経緯について
高橋先生こんにちわ。昨年(平成17年)10月17日に手術していただきましたカルテ番号・・・56の○○○○です。手術後4ヶ月が経過しましたが、お蔭様で手術前の地獄の苦しみから開放されやっと人間らしい生活を取り戻すことが出来ました。笑顔の毎日です。
それではこれまでの経過をご報告申し上げます。
最初は平成14年3月末ごろ、いつもよりおしっこが近く下腹部が重ったるく何となく変だなあと思い近くの泌尿器科に行ったのが始まりでした。抗生剤を処方され5日間飲みましたが効果が無い為更に強い抗生剤を処方していただきましたが効果は変わりませんでした。
それ以降、産婦人科、又別の泌尿器科に通院しましたが良くならない為、2度目に伺った泌尿器科の先生より飯田橋の○○○○病院を紹介されエコー、尿検査を行った結果癌及び結核の疑いありとの事でした。最終結論として直りませんとの診断結果を受けた次第です。
その頃は痛みが出ていましたので解らない病院にいても仕方が無いので、都立○○病院に行き膀胱検査、尿検査を行った結果、そこで初めて「間質性膀胱炎」の名前を聞きました。
しかしながら高橋先生のおっしゃいます超音波エコー、尿流測定、残尿量測定検査は行われなかったと記憶しております。平成14年8月に膀胱の水圧拡張手術を受け2週間入院しました。その後の治療はDMSOを2週間に1回の割合で10回ほど治療してもらいました。その治療は激痛を伴い次のDMSOまで痛みが残り併せて頻尿が激しくとても耐えられる治療ではありませんでした。そこで意を決して他の治療法はないか尋ねますと日本には「間質性膀胱炎」の薬は無いから外国から輸入するしかないけど厚生省の認可は下りないから副作用があっても責任は持てないといわれました。結果個人輸入は難しく購入できませんでした。
藁にもすがる気持ちで「間質性膀胱炎」専門医という○○病院の○○先生に診察を受け尿検査、その後水圧拡張手術をすることになりました。通院しているうちに何故か快方に向かい痛みも頻尿も治まり普通の生活に近いところまで回復した為、先生も何かあったら「いらっしゃい」と言うほどになりその後何事も無く普通の生活をしていました。
やっと直ったと安心していました。ところが平成17年5月の連休明け頃より頻尿が始まり○○病院に連絡したところ○○先生は転勤された為やむなく○○○○医大泌尿器科:○○先生の治療を受けることになりました。さっそく腹部エコー、尿量測定、残尿量の検査をしましたが何故か結果を教えず あなたは今までの経過から前に水圧拡張手術をしたりしているから「間質性膀胱炎」と見なし水圧拡張手術をします。その後治療はDMSOを行いますとの事でした。DMSOは遠慮したいといいますと「何で」と言われDMSOはとても良い治療法だからこの方法しかないという形で押しきられました。
平成17年5月26日に手術をして6日間入院しました。以降2週間間隔でDMSOの治療が始まり激痛との戦いが開始されました。手術後3ヶ月が経過して「アレ」と思うほど回復しましたが2週間ほどで又元の頻尿と激痛が始まり先生にそのことを訴えると「何か悪いものでも食べたんじゃないの」「手術するほうは面倒くさいのよ」と怒鳴られました。
その頃は1日50回程頻尿、激痛があるためほとんど眠れない日が続いていた為疲労も極限状態まで来ており持病のヘルペスも出てそのアレルギーも気になり○○先生の著書のIPDカプセルはどんな薬なんでしょうかと恐る恐る聞いたところ、「何であんたなんかに薬の指導をされなくてはいけないの そんな事を言うんだったらあんたなんかもう診ないから何処か他に行って診てもらったら」とすごい剣幕で怒鳴りつけられました。悔しくて涙が溢れました。こんな人は人間的に信頼できません。そのとき立ち会った看護婦さんも患者さんは何を聞いてもかまわないのにあんなに怒鳴るなんてと憤慨し、「私たちもいつも八つ当たりされているの」お願いだから帰りに投書をしていってとお願いされてしまいました。
これからどうしようと途方にくれていた時、妹が高橋先生のホームページを見せてくれ、何回も繰り返し読ませていただきました。先生の学説は今までドクターショッピングしたどの病院でも聞いたことが無い「排尿障害」という説に深く感動し私の症状もその通りに違いないと頷けるものでした。最後にたどり着いた高橋先生は神のお導きとしか私にはおもわれません。3点セットの検査を受けその説明は体に沁み込むように良く理解出来、この先生ならきっと治して下さると思い大きな喜びを覚えました。
平成17年10月17日「運命の手術」をしていただき術中もモニターを見ながらの詳細な説明をいただき少しの不安も無く頼りきって手術は終了しました。術後3ヶ月位から日増しに快くなりもう膀胱の事は忘れています。痛みは全くなく頻尿も日に50回だったのが11回〜12回に減りました。普通の生活がどんなにすばらしいか実感しています。
高橋先生に出会えた事に心より感謝します。本当にありがとうございました。
今後ともどうか宜しくお願い申し上げます。


【補足】
伏せ字にしていますが、日本の「間質性膀胱炎」の世界では大家と呼ばれる超有名な2人の「名医」が「間質性膀胱炎」と診断したのですから、この60歳のご婦人は間違いなく「間質性膀胱炎」だったのでしょう。そしてその治療として膀胱水圧拡張術・DMSO膀胱注入を行なった「顛末(てんまつ)」が上記のレポートの通りです。
当院では、初診の日に超音波エコー検査・尿流量測定ウロフロメトリー検査・残尿量測定検査・尿一般検査を行ないました。
検査結果で排尿障害が強く示唆され、また患者さんが強く希望されたので内服治療は行わずに内視鏡手術になりました。


内視鏡手術では膀胱頚部硬化症の所見を確認し、その治療と症状の原因でもある膀胱三角部の処置も同時に行いました。

左の写真は、手術直前の膀胱頚部です。直径わずか5mmの電気メスの半円型ループと比較して膀胱出口がとても狭いことが分かります。狭い個所を尿が流れジェット流になるため、膀胱出口にポリープが生じ散見できます。
右の写真は、手術直後の同じ部分です。電気メスのループが余裕で通過できるようになりました。

左の写真は、手術直前の膀胱三角部です。粘膜は蒼白で、膀胱水圧拡張術で傷付いた粘膜が剥がれ浮遊しています。
右の写真は、手術直後の膀胱三角部です。膀胱三角部は膀胱の中でも一番敏感なところでセンサーの役目をしています。ですから膀胱三角部が作る刺激が極端な頻尿や痛みを作るのです。その敏感な膀胱三角部の正中を切開してあげて、感覚を調整するのがこの手術の目的です。


この患者さんの手術後の経過を次に示します。

【治療による症状経過】

時期症状 治療前 治療後7日 1ヵ月 2ヵ月 3ヵ月 4ヵ月
日中頻尿 51回 30回 30回 24回 13回 8回
夜間頻尿 10回 5回 5回 3回 2回 1回
陰部激痛 1日3回 消失 わずか わずか 消失 消失
1回尿量 66mL 180mL     200mL  
IPSS 21点     13点 8点 4点

平成22年6月現在、この患者さんの1日排尿回数は5回、夜間は0回です。1回尿量は250mL〜300mLまで回復しました。食事を制限することなく快適な生活を過ごしておられます。


この患者さんは内視鏡手術(外科的治療)で症状が軽快しましたが、患者さんの多くは内服薬による保存的治療だけで症状は軽快します。
このレポートの詳細は下記のブログをご覧下さい。
http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/cc/2006/02/post_f2dc.html

間質性膀胱炎などの病気にまつわる詳細を下記のカテゴリー別に解説しています。
ご興味ある方がご覧下さい。

間質性膀胱炎の症状
http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/cc/cat7079404/index.html

間質性膀胱炎の考え方
http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/cc/cat7068916/index.html

間質性膀胱炎の検査
http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/cc/cat7068917/index.html

間質性膀胱炎と薬
http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/cc/cat7068922/index.html

間質性膀胱炎と手術
http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/cc/cat7079405/index.html

患者さんからのレポート
http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/cc/cat7068920/index.html

症例報告
http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/cc/cat8085365/index.html

メール相談
http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/cc/cat8039688/index.html

間質性膀胱炎と周辺疾患
http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/cc/cat7068915/index.html

諸問題
http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/cc/cat1129557/index.html

学会報告・文献報告
http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/cc/cat7068919/index.html



専門分野へもどる


院長紹介診療のご案内アクセスお知らせhome