正式の医学名称は両側精管結紮術といいます。精子の通り道である精管を切断してしばる手術です。精子を造る睾丸(精巣)と精子の貯蔵庫である精嚢腺(せいのうせん)をつないでいる管が精管です。この管をカットすることで精嚢腺には精子が貯蔵されなくなり、射精した精液には精子が存在しない状態になります。パイプカットをしても精液は出ますのでご心配なく。ちなみに睾丸で造られた精子は睾丸で吸収されてしまいます。また、男性の精力は同じかあるいは増加してきます。
精管は陰嚢の精索(せいさく)の中に含まれています。医師は触診で精索の中から直径2mmの精管を見つけ出してカットします。この見つけ出す技術が美容外科の先生には難しく、熟練した泌尿器科専門医ならではの仕事になります。麻酔は痛みのない仙骨神経ブロックを行います。
手術料金12万

 


精液検査(実例写真)
パイプカット手術前
パイプカット手術前
位相差顕微鏡200倍像

無数に光る白い粒はすべて精子です。
顕微鏡観察上の密度から見るとこの精液には1ml当たり1億個以上の精子が存在しています。



パイプカット手術後

パイプカット手術後
位相差顕微鏡200倍像

あれほど存在した精子は精液中には全く認められません。パイプカット手術の成功です。
精液中に含まれるリンパ球やリン酸塩の結晶のみが観察できるだけです。



パイプカット手術承諾書

パイプカットをご希望の方は、下記に示す手術承諾書が必要です。
このページを印刷するかお手持ちの便箋などに書き写し、手術当日にご持参ください。


パイプカット手術承諾書

私たち夫婦は両側精管結紮術(通称:パイプカット)の手術を受けることを希望します。この手術によって、男子不妊症になることを理解しています。また、精管再吻合手術は入院を必要とする比較的大きな手術になり、顕微鏡手術で難しく、その成功率は50%であることも認識しています。

平成   年   月   日



ご主人の署名: 捺印無用
奥様(配偶者)の署名: 捺印無用


専門分野へもどる


院長紹介診療のご案内アクセスお知らせhome